管理栄養士が考える正しい糖質ダイエットとコンビニダイエットをご紹介するサイトです。

糖質制限しててもアーモンドは食べていいの?クルミやカシューナッツと比べての効果やメリットは?

糖質制限中でもアーモンドは大活躍の食材です。

糖質制限中であってもおやつが食べたくなる事はありますね。こんな時に活躍するのがナッツ類ですが、中でもアーモンドは素晴らしい力を持った食材です。

ここではアーモンドの色々についてご紹介します。

【スポンサードリンク】

気になる糖質量〜アーモンドのおやつ〜

    生アーモンド:0.9mg /10粒
    アーモンドミルク(アーモンド効果砂糖不使用glico商品):1.2mg /200ml
    アーモンドミルク(アーモンド効果砂糖使用 glico商品):9.9mg  /200ml
    アーモンドフィッシュ(小袋):1.7mg /小袋7g
    アーモンドチョコ:14.9mg /10粒
    アーモンドケーキ(セブンイレブン):23.4mg /1個

 
このようにアーモンドが使用されているおやつの中でも大きく糖質量が変動しています。

砂糖や小麦が使われている商品は、やはり糖質量が高いですね。

アーモンドチョコレートや、アーモンドケーキなどは糖質制限中には避けたほうがいい商品です。一方、目に止まるのが生アーモンドの糖質量の低さです。

ほとんど糖質は含まれておらず、糖質制限中は強い味方となってくれる事がわかりますね。

アーモンドフィッシュも優秀なおやつの1つです。アーモンドの他にもカルシウム豊富な小魚が同時に摂取できる点はとても評価できますね。

アーモンドのおやつの中で1番低糖質だった生アーモンドですが、糖質以外の成分も気になるところですね。次に紹介しますので、見ていきましょう。

生アーモンドに含まれる注目の栄養素

糖質量がとても少ない生アーモンドですが、他にもっと身体にとって嬉しい成分が含まれています。それがビタミンEです。

ビタミンEは、抗酸化作用に優れていて、身体の酸化を防いで身体を守る働きがあります。

この働きによって細胞膜の酸化による老化や、LDLコレステロールの酸化による動脈硬化など、生活習慣病や老化による疾患を予防することか期待されています。

生アーモンド1粒に含まれるビタミンEの量は、0.3mgですので、豊富に含んでいる事がわかりますね。1日の目安量(30代女性)は6.0mgですので、アーモンド20粒程度でしっかりビタミンEが摂取できることになります。

ビタミンE以外にも、マグネシウム、カリウム、鉄など様々なミネラルが豊富に含まれています。また、脂肪燃焼に欠かせないビタミンB2や不溶性食物繊維も豊富ですので、ダイエット効果も期待できます。

【スポンサードリンク】

アーモンド加工品を使った手作りおやつに挑戦

【低糖質マフィン】

    バター(無塩):40g
    ラカントS:50g
    卵:2個

    ◇アーモンドプードル
(またはアーモンドパウダー):30g
    ◇大豆粉:60g
    ◇ベーキングパウダー:1つまみ
    牛乳:130cc

作り方

  1. バター、卵を常温に戻します。
  2. ◇の材料をふるっておきます。
  3. オーブンを170度に温めておきます。
  4. ②泡立て器でバターをなめらかなクリーム状になるまで混ぜます。
③ラカントSを加えてよくすり混ぜます。
  5. 
卵をほぐし、3回に分けて入れ、その都度よく混ぜます。
  6. 
◇の材料を入れてゴムベラできるようにして混ぜ合わせます。牛乳を加えてしっかりと混ぜます。
  7. マフィンの型に入れていき、軽く落としながら空気を抜きます。
 
  8. 170度に熱したオーブンで30分焼いて完成です。

小麦粉の代わりにアーモンドプードル(アーモンドパウダー)と大豆粉を使うだけで、低糖質なおやつが簡単に作れます。

小麦粉を使った時と比べても引けを取らないくらいに美味しいですよ。ラカントSは、甘味料で、ドラックストア等でお買い求めいただけます。

砂糖と同じように使用することができ、血糖値の急な上昇を防ぐことができると言われていますので、糖質制限中には活躍してくれる商品です。是非試してみてください。

他のナッツの栄養価をみてみましょう

くるみ

くるみは、アーモンドよりも糖質量が低く、また良質な脂質であるω3系脂肪酸を豊富に含みますので、悪玉コレステロールや中性脂肪を下げたり、血管を柔軟に保つ効果も期待できます。

くるみも、糖質制限中に活躍してくれる食材と言えますね。


糖質が低く、不足しがちな良質な脂質を豊富に含むくるみですが、食べ過ぎは禁物です。1日にひとつかみ(7粒)程度で十分、必要なω3系脂肪酸を摂取できます。

よく噛むと、満腹感が得られますので、ゆっくりお召し上がりくさいね。

カシューナッツ

亜鉛や鉄などのミネラルが豊富でオレイン酸もたっぷり含まれます。

しかし、ナッツの中では糖質が高く、くるみの約4.5倍、アーモンドの約2倍の糖質が含まれます。

糖質制限中のおやつはナッツが活躍しますが、ミックスナッツではなく、糖質が低いナッツを単品で選んで召し上がると良いですね。

まとめ

このように、アーモンドは低糖質なだけでなく、身体に有効に働く様々な栄養素が豊富に含まれており、大変優秀な食材と言えます。

糖質制限中におやつが食べたくなったら、アーモンドやくるみなどを上手に取り入れてみましょう。ナッツでストレスのないダイエット生活が継続できますように。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 − fifteen =