管理栄養士が考える正しい糖質ダイエットとコンビニダイエットをご紹介するサイトです。

糖質制限中の頭痛はいつまで続く?原因と対策、眠気や吐き気の対処法は?

糖質制限で頭痛がするということをよく聞きます。

これはどのような事が原因で起こるのでしょうか?

原因がわかると対策が立てられますね。

今回は頭痛を始め、ダイエットによる様々な体調不良について見ていきたいと思います。

【スポンサードリンク】

それって本当?糖質制限による頭痛

糖質制限を始めて頭痛に悩まされるという方は多いようですが、その頭痛の多くは低血糖によるもので、正しい糖質制限を行えていない可能性が高いのです。

つまり、糖質制限が直接の原因である可能性は低く、糖質をカットするだけでタンパク質やお野菜、良質な脂質をしっかり摂取できていない事が原因である可能性のほうが高いのです。

ここでは、糖質制限を正しく行うためのポイントをご紹介します。

しっかり摂ろう!タンパク質編

糖質制限で重要になってくるのが十分な量のタンパク質を摂ることです。

目安は手のひら(指は除く)1〜2つ分。いつもの1.5〜1.7倍くらいのイメージを持っていただけたらと思います。

糖質エネルギーの代わりに、しっかりとタンパク質を摂取し、代替エネルギーを作り出す準備をしましょう。こうすることで低血糖が原因の頭痛発生のリスクを下げることができます。

また、糖質制限中にタンパク質までもが不足すると筋肉を壊してエネルギーを作り出そうとするため体に大きな負担にもなりますので、そういった意味でもタンパク質摂取は重要です。

見極めて使おう!脂質編

糖質制限中には脂質の摂取も重要な役割を持ちます。

え?ダイエットなのに脂質が必要?とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、糖質制限中は糖質からのエネルギーが大幅にカットされるため、タンパク質と脂質からエネルギーをしっかりと摂取しなければなりません。

とはいっても脂質をむやみやたらに摂取するのも良くありません。

一般的なサラダ油などは製造過程で何度も高温状態になり、その度にトランス脂肪酸などの体に悪影響を及ぼす物質が出てきてしまいます。

少しお値段は張りますが、良質な油を摂取するようにしましょう。

オススメはえごま油です。ω3系の油なので体にもいい効果がたくさん期待できます。また、えごま油など良質な油を選ぶポイントは、低温圧搾されているか、遮光瓶に入っているか、無農薬栽培かなども合わせて見てみるといいですね。

4g、1食分ずつ梱包されている商品などもありますので利用されるのもいいですね。また、熱に弱いので仕上げにつかったり、ドレッシングに使ったりしてご使用くださいね。

【スポンサードリンク】

そもそもの見直しが必要かも!?

急に糖質が体に入って来なくなったために体がその変化についていけずに頭痛などの不調がでているのかもしれません。

糖質制限を始めたことで今までのエネルギーの使い方が通じなくなり、体はその変化に手探りで必死について行こうとしている状態と言えるでしょう。

頭痛などの症状が出る場合は、張り切って厳しい糖質制限を行うのではなく、制限するのは夕食だけにしたり、主食を抜くのではなく減らすといった緩やかな糖質制限に変えて体が慣れてくるまで様子をみることも必要かもしれません。

必要なビタミン、ミネラルが足りていないシグナルかも

糖質制限中にはお野菜を両手にいっぱいの量食べる事が推奨されています。お野菜に含まれるビタミン、ミネラルは代謝に必要不可欠な物質だからです。

しかしダイエット中でなくても健康的なお食事を毎日毎食完璧に作って召し上がるのは難しいことですよね。

ついつい手抜きになってしまうことも度々。また、気にしすぎてもストレスが溜まる一方です。ですから、糖質制限中も基本のお食事のポイントは押さえつつ、サプリメントやプロテインなどを活用されるのも1つの手です。

最近はお野菜のもつ栄養自体が少なくなっているという報告もありますし、気をつけていても必要なビタミン、ミネラルは不足しやすいとされています。

また、糖質制限をしていると、タンパク質の摂取量が増えますのでコストもかかります。そういった面でもサプリやプロテインなどをうまく取り入れ、体も心もストレスフリーなダイエットができるといいですね。

また、栄養素はチームで働きますので何か1つの栄養素だけのサプリメントよりも数種類網羅できているマルチビタミンの方が効果は高いとされています。

しっかりと微量栄養素まで考えることで体調を管理しましょう。

まとめ

いかがでしたか?体調不良を起こさないためにも、正しい糖質制限の方法を知って、しっかりと身に付ける事が大切です。

また、必要以上に頑張りすぎないのも体調を崩さないポイントだと思います。

健康的に痩せるためには時には立ち止まってご自身の体と向き合う時間も必要です。

少し結果が出るのが遅くなっても大丈夫と考えるようにしましょう。答えは1つではないのですから。何より、笑顔でダイエットを楽しめますように。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × 2 =