管理栄養士が考える正しい糖質ダイエットとコンビニダイエットをご紹介するサイトです。

糖質制限中の水分補給と摂取は?水分量が足りず水分不足だとどうなるの?

糖質制限を始めると急に体重が減ったという経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか?

これは、どういったメカニズムによるものなのでしょうか?

今回は糖質制限中の水分についてご紹介していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

糖質制限開始後の体重減少のメカニズム

糖質制限を始めると、まもなく体重がみるみる落ちていくのを実感される方が多いと思います。

実はこの現象、本来のダイエットで得られた効果ではなく、体内の水分が減ったことによって起こるものです。

糖質制限を開始すると肝臓にあるグリコーゲンがエネルギー源として使われ始めます。

このグリコーゲンは水と結合しているためグリコーゲンが消費されると同時に水分も一緒に消費されるので、体重がぐっと下がるのです。

この時期は、特に水分摂取を意識するのが望ましいです。

水分補給の大切さ

水分補給でオススメなのは白湯です。白湯は余分な糖質が含まれていませんし、体を温めてくれるので、消化や代謝をスムーズにしてくれる手助けをしてくれます。

また、内臓の温度が高まれば、基礎代謝も上がると言われています。

夏には冷たい飲み物を飲みたくなりますが、冷房などで体は意外と冷えていて、ダメージを受けている場合も多いものです。

メリハリをつけて、温かい飲み物も飲むように心がけましょう。

また飲み方ですが、一気に飲むと体に浸透していきませんので、こまめに何度も白湯を口にするようにする飲み方がオススメです。

特に意識してほしいタイミングは、寝る前やスポーツの前後、入浴の前後や飲酒の後などの水分が不足しやすい時です。

喉が乾いた後だけではなく、乾く前にも水分摂取を意識してくださいね。

水分補給の注意点〜清涼飲料水〜

ここで気をつけていただきたいのが、水分摂取のために、清涼飲料水やジュース、缶コーヒーなどの嗜好品を摂取することです。

これらの商品には糖質が大量に含まれている場合が多いのですが、その糖質の多さに気付きにくいことが落とし穴ですね。

どうしても飲みたい時には、商品の裏の成分表示の中の炭水化物、または糖質の数値をしっかりとみるようにしましょう。

水分補給の注意点〜アルコール〜

ビールなどのアルコールを、水分摂取として考える事にも注意が必要です。

利尿作用がありますので、水分補給にはならないどころか、反対に尿として水分が排出されてしまいますし、アルコールを分解する時にも水分を必要とし、体から水分が抜けてしまうからです。

水分補給の注意点〜スポーツドリンク〜

スポーツドリンクはカリウムやマグネシウムなどの電解質がバランスよく配合されていて、失われた水分やミネラルを効率よく補給できる点が高評価ですが、糖質も多く含まれているのが現状です。

運動をせずにこれらのドリンクを大量に飲むことは避けましょう。

経口補水液は一般のスポーツドリンクに比べて糖質が少ないので糖質制限中には安心感があっていいですね。

これらの事に注意しながら水分をとっていただけたらと思います。

【スポンサードリンク】

水分不足が招く体調不良

水分不足に陥ると、様々な不調が現れてきます。

体がだるくなったり、食欲がでなくなったり、といった事から始まり、めまいや頭がぼーっとしたり、痙攣、不整脈などの症状がでることもあります。

乾いてしまう前に水分補給を心がけましょうね。

本当のダイエット効果はいつから?

糖質制限を始めて間もなくすると、グリコーゲン+水分が消費されていき、体重がみるみる落ちていきますが、その後、脂肪燃焼を伴う本格的なダイエットが始まります。

開始後約3週間経った頃からこの本格的なダイエットが始まりますが、見た目にもわかりやすく体が絞られてくるのを実感する方が多いようです。

昔履いていたジーンズが、また履けるようになった、二重顎が解消されてきた、二の腕についていたぜい肉が減ってきたなどで実感されるようです。

また、糖質オフによってお肌や髪の調子が良くなったという方もいます。

余分な糖分を摂らないようにすることで、体内での糖化の進行が遅くなるためと考えられます。

糖質制限で、体もお肌も髪も綺麗になって、さらに、心も前向きになれるなんて、良いことがたくさんですね。

まとめ

いかがでしたか?糖質制限を始めると、特に体内の水分が失われやすいので、積極的に水分補給を心がけましょう。

また、夏場、クーラーのかかった部屋で過ごすことが多い方は、水分を飲まなくても平気と思ってしまいがちですので、出かける前には水分を摂取するなど、意識して水分を取るようにしましょう。

また、冬場は、空気が乾燥していますので体の水分量も減り、潤いがなくなってきます。

さらに汗をかく場面が少ないので水分補給を忘れがちですが、水分を摂ることでウイルス感染などにもかかりにくくなるとも言われていますので、冬の季節も水分を忘れずにとりましょう。

【スポンサードリンク】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × two =